スローバラードが聞こえる........

☆ ターンテーブルマット ☆

c0089599_2022335.jpg

Micro Seiki DQX-1000のターンテーブルマットは純正オプションの
銅製のCU-180をすり鉢状に加工したモノを使っていますが、
以前から気になっていた リンホフ工房さんのフェルマット(純毛4ミリ)を購入してみました。

とりあえず、一晩ウールマットの上に銅製マットを乗せて平面性を出してから使いました。

マットの効果は銅製のマットに比べ全域で伸びやかな感じになり音楽に躍動感が加わります。
聞き方によって少し手綱が緩んだ感じなのですがその緩め方がイイ塩梅でレコード音楽を楽しむ事が出来ます。
響きの少ない痩せた録音だと思っていたレコードも少し響きが加わった感じで、聴き易くなり遠ざかっていたアルバムもまた引っ張り出して聴いています。

モニター的な銅製も捨てがたく、使い分けによって2種類の音調が楽しめそうです。

購入に際しても、とても丁寧な対応で気持ち良く購入することが出来ました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

FUJIFILM X-E1&Carl Zeiss Touit 1.8/32
[PR]
by IDOMS | 2015-07-23 20:58 | オーディオ